こどもの名前の意味

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




画像を分析すると、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。 ①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


→「ブログ・でれでれ草」影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら


こどもの名前の意味

※皇族の偽物説の検証が進む前に書いたものです。

過去にも書いたのですが、親が付ける名前は、親が選んでいるかのようで、実は、本人の運命を示唆しているそうです。

ただし、3文字以上の名前や、西洋風の名前に無理やり当てた漢字の名前や、きらきらネームは除きます。こういうお名前は、言霊で判断することになると思います。

明治以降、平民にも苗字ができて、名前も公家風になりました。

女子には「子」が付く名前が増え、男子もお公家さん風に漢字2文字の名前が増えました。

お子さんの名前は、親が選んでいるようで、実は、本人の因縁を現しているそうです。

漢字二文字の場合(子、太郎、次郎などは省く)

①上の漢字のいみするところが、今世で与えられた課題であり、足りないものだそうです。

②それを克服して獲得することで、下の漢字の、今世で達成するべき目標が達成されるそうです。

漢字一文字の場合は、

課題と目的が同じということだとおもいます。

2番目の漢字が、◯子、◯太郎、◯一郎、◯次郎、などは、お名前が一文字のかたと、同じと受け取っていいと思います。

2文字の場合は、

・上の漢字は課題 先天的に欠けているもの、足りないもの、

・下の漢字は目的 課題を頑張れば得られるもの、到達するもの、

名前も、記号のひとつみたいですね。

Sponsored Link


徳仁親王

例えば、徳仁さんの場合は、先天的に「徳」が欠けているので、「徳」を高く積み努力していれば、「仁」に至るという意味だそうです。

でも、無理でした。

さらに、足りないものの「徳」をそなえた家や「徳」の高い、お妃をむかえればよかったのですが、駆け落ち同然に結婚したのは、家系も本人も「不徳」の権化であるような雅子。

性病患者さんが、交通事故にあい、さらに痴呆症になったみたいな、複雑な不幸と不運の見本みたいな人生になりました。

 

文仁親王

秋篠宮文仁さまもばあいは、「文」が欠けているので、「文」学問を究めて頑張れば、「仁」にいたるといういみです。

学者さんである秋篠宮様は、バッチリですね。きっちり課題をこなされました。

「文」の徳をもつ家系や女性を、お妃にすれば、上手くいきますが、紀子様はバッチリです。

大学教授のお嬢さんで、ご本人も賢く学位もとられた方です。

 

 悠仁親王

悠仁さまは、「悠」が欠けであり、追及するべき、テーマです。

悠久、長く続くという意味ですから、男系が続くかどうかのお立場にも、バッチリはまってます。

お妃には、「悠」の意味の、長く続いた名家から迎えれば、なお、バッチリ。

 

明仁天皇

「明」

明らかになる、明らかにする。

今上陛下は、今まで、ウソが多すぎました。

学歴のウソ、御性格のウソ、お子様(ナルちゃん)の学力のウソ、秋篠宮さまの生母のウソ、ヤフオクなどの犯罪を隠したウソ、本当は国民の困窮なんかどうでもいいのに、慈悲深い振りをしているウソ、旅行に行きたいから慰問とか慰霊とかウソをいって浪費するウソ、、、、、いっぱいのウソ。

大學の落第にしても、ナルちゃんが特別学級レベルだったということも、側室がいたにしても、別に嘘にしなくても、公表すればいいだけの話なんだけど、それを覆ってしまうことで、おかしくなっていると思います。

そして、弱みを握られ、今も、妻の正体も見抜けず、ナルちゃんが托卵だということが、気づかないまま続いているのではないのかしら。

おそれながら、まだ「仁」にはいたってないわ。

小和田家の方たち、雅子さん、礼子さん、節子さん、優美子さん、愛子さん、は、一言でいうと、持って生まれたテーマを放棄して崩壊している人たちです。

 

美智子さん

「子」を省きますと、「美智」。

欠けているものが「美=芸術性」、これを頑張れば、天命の「智」に至ります。

ファッションは朝鮮、

見せかけばかり繕う、フェイクな「美」。

華道、茶道などの芸術は理解せず、

歌学くらいかなーと思うのですが、それも、添削がはいっているとか。

嘘っぽい美、だから、結果も、薄っぺらい自己主張と自己欺瞞のための、悪智慧で終わってます。

 

小和田恒

【常・恒】

1 いつでも変わることなく同じであること。永久不変であること。

2 いつもそうであること。ふだん。平素。

3 特別でないこと。普通。平凡。

4 昔からそのようになるとされていること。当然の道理。ならい。ならわし。

5 他の例と同じように、その傾向のあること。とかくそうありがちなこと。

本来、不動の平常心をもちながらも、権力や才能をもちながらも、ひけらかさず、謙虚に生きることが、永久不変の名誉と栄達への道だったのに、まったく逆のことをして、出世欲にまかせて、特権を得ようとしたので、破たんしたのねー。

 

小和田優美子さん

子をのけてみると、優美さん。

欠けているのが優、

目的は美、

「優」の、かけらもない方。子供をネグレクト。道具扱い。

なので、「美=芸術性」には、たっせないまま。

 

雅子さん

「雅子様 アヘ顔」の画像検索結果

この場では、多くを語りますまい。

これほど下品な女性は下層階級にもないほどのレベル。

相応しい場所は、朝鮮のスラム。

 

節子さん(雅子さまの妹)

準皇族なる新語を勝手につくり皇族気取で顰蹙を買う。

姉と違って、本当に精神を病み、コンクリート御殿にこもり、ピザ、などの宅配をとりながら、節度を無視して生きているらしい。

礼子さん(雅子様の妹)

生まれた子供に◯仁という名前を付け、雅子、愛子さんのイベントには、家族を連れてたかりにくる節度のない女性。ヤフオクで皇室財産を売りさばくほか、己の欲望を節することを知らない方たち。

※双子の名前が入れ替わってました。訂正させていただきました。ありがとございました。

 

愛子さん

親にも職員にも、ネグレクトされている内親王。

適切な療育を受けられず、薬つけになってコントロールされ虐待を受けているが、だれもどうすることもできない。

身なりを見てわかるように、だれも面倒は見ていない。

人の愛をあきらめて、社会への愛、神仏への愛に昇華できれば上等なのだけど、、、。

乗り越え、、、れる、、、かな、、、。

 

常陸宮華子さま

「華」がテーマです。

この華は、中心という意味もありますね。弟宮様のお妃ですから、たしかに、欠けている部分かもしれません。

しかし、「華やか」に「豪華」に「華麗」に、皇族として生きてこられたので、ニセモノ平民夫人の美智子さまをしのぎ、皇室の中心的な存在になられるのでは、ないでしょうか。

 

高円宮久子さま

「久」

時間が長い。ひさしい。

ずっとつづく、継続するという意味ですよね。それが欠けていますので、人間関係の継続、役割の継続、なんかが、必要なのかなーとおもったりします。

ご結婚前は、複数の男性のとお付き合いがあったとか。関係が続かなかったのかなー。

そして、夫君との愛情も、続かなかったのかなー、どうなのかなー。

あるいは、皇室、皇族の在り方を変わらず保つという意味もあるかも。誠意をつくして努力したら、宮家も続いていくはずだったけど、、、、、微妙かな。

誠意を尽くして、というのがポイントなんですよね。欲心から発した目的はすべて、暗黒面におちて終わりますからね。

 

内親王・女王様たちはどうでしょうか。

高円宮承子さま

【承】

1 前のものを受け継ぐ。「承句・承継・承前/継承・口承・相承・伝承」

2 相手の意向を受け入れる。「承諾・承知・承認・承服/拝承・了承・不承不承 (ふしょうぶしょう) 」

宮家の長女さんですので、継ぐとういこともあるとおもいますが、女性ですので、宮家を継ぐことは、ありえません。

英国留学のありさまや、その後のご様子からは、お母様の久子さんの、何か、をついだみたいです。

女王という皇族の枠が、適性が伸びるのを、邪魔しているような気がしますよね。皇族をやめて、民間で才能を発揮しつつ、挽回していただきたいですね。

 

高円宮(千家)典子さま

【典】

1 盛大な儀式。式典。
2 守らなければならないきまり。

型を破らないこと。規範と法に沿うこと。そこからくる美、幸福、ということがテーマなのかな。

そして、同時に、「欠け」なのかも。

千家さんとのご結婚は、暗礁に乗り上げてますが、再婚して幸せになっていただきたいですね。かつて敵対した神を祀っている出雲大社との縁組は、型、を破ったものでは、なかったでしょうか。今は探せないのですが、依然拝読したブログさんの中で、出雲の千家家の方たちは、自分たちのほうが天皇家よりエライ、とふんぞり返っているという、証言がありました。対抗意識があるのかなーとおもいます。

再婚相手は、旧華族か、旧宮家か、神道にかかわるお家か、伝統、儀礼にかかわるお家か、女王にふさわしいお家と縁組してほしいですね。

 

三笠宮彬子さま

【彬】

①「内容と外観とが並びそろってよいさま」(例:彬彬(ひんぴん))

②「明らか」

③「模様・色どりがあざやかな(はっきりしていて美しい)こと」

①の解釈だと、裏表がない、ということではないでしょうか。

京都の叔母上である、千容子さんと組んで、なにやら、母妃に陰謀をくわだてているそうですが、、、。ダメですよ。自分の生活や人生に地下室をつくっては。

伯父上の麻生副総理に、頭を下げてご縁談をお願いしていただきたいです。

 

三笠宮瑤子さま

【瑤】

美しい玉。また、玉のように美しい。

角のない

円満な

癖のない

素直な

澄んだうつくしさ

人生にこれらが欠けているので、追及するべきテーマ、ということかしら。

案外、角のある御方なのかも。

ご当主の宮様がなくなられたら、宮妃が当主になるというのが決まりです。

お母様に対するクーデターは、美しくないです。歪んでますヨ。

長年、麻生家からの資金援助をうけてたのに、お母様にたいして実家に帰れなんて、よくいえますよね。冷酷非情なうえに、宮家の決まりが守れないような女性を中心に、女性宮家をつくるなんて、国民は考えられません。

いいご縁組みがきたら、素直におうけになっていただきたいです。

 

秋篠宮眞子さま

【眞】

1 うそのないこと。本当。まこと。

2 自然のまま。

眞子様は、巫女と内親王の最高の資質を、両方供えておられますから、欠けは、ありません。

軽々とテーマは、達成しているとお見受けします。

 

秋篠宮佳子さま

【佳】

よいこと。すぐれていること。美しいこと。

佳子さまがお子様の頃は、おとなしい上品な静かなお子様、という感じで、華のある美少女という印象はなかったのですが、、、。

でも、おとしごろになるにつれ、めきめき美貌が明らかになり、佳人になられました。

よい子、にされてたから佳人になったのでは、ないでしょか。

 

紀宮(黒田)清子さま

【清】

1 水がきよらかに澄みきる。

2 けがれがなくさっぱりしている。すがすがしい。

3 心や行いがきよく正しい。

4 払いきよめる。きれいにかたづける。

浄化作用が失せた、機能不全にいたっていた明仁親王の家庭内で、ひたすら問題を浄めていたように見えました。

黒田氏のもとへ、脱出されました。

その後、伊勢神宮の祭主を、お勤めになられましたね。

今は、ご公務でお留守の多い秋篠宮家へ悠仁さまの御守りをされに、お泊りされたりするそうです。

雅子が、女官を連れて、夜半、悠仁さまを連れ出しに押しかけてきたときも、「愛子さまと遊ばせるから」と、いって、押しかけてきたときも、職員が清子さまにおいで願い、雅子たちを追いはらってくださったそうです。

朝鮮のシミがついた皇室を、祓い浄めていただきたいですね。

漢字の意味は、Gooの辞書からいただきました。

でれでれ書いてみました。

 

関連記事と広告