日記|動物の名前

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




画像を分析すると、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。 ①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


→「ブログ・でれでれ草」影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら


2015年:英国ウイリアム王子夫妻に第2子シャーロット王女誕生。

 

サルの名前「シャーロットちゃん」

2015年|大分の動物園「赤ちゃん猿の名前は、シャーロットで行こう」

www.fnn-news.com

大分市の動物園が赤ちゃんザルを「シャーロット」と名づけたことに、日本国内で抗議が殺到していることについて、イギリス王室はFNNの取材に対し、「名前のつけ方は自由」とコメントした。

大分市の高崎山自然動物園が、2015年、最初に生まれた赤ちゃんザルをイギリス王女と同じ「シャーロット」と命名したところ、「イギリス王室に失礼だ」という抗議が、7日までに500件以上寄せられた。

動物園は、名前の取り消しも含め、再検討することを決めたが、イギリス王室は7日、FNNに対し、「公式にはノーコメントですが、ウィリアム王子とキャサリン妃は傷ついていません。どんな名前をつけるのかは、動物園の自由です」とコメントした。

イギリスでも、複数のメディアが赤ちゃんザルの写真とともにこのニュースを伝えるなど話題になっている。

(転載以上)

 

犬の命名|アドルフは禁止

そういえば、アドルフ・ヒトラー率いるナチスドイツが政権を取った後、ドイツ国内で、犬にアドルフという名前を付けるのを禁止した法律ができたはず。

カリスマと同じ名前だと、たしかに、しつけとかしにくそう。

「アドルフ、何度言ったらわかるんだ。ここでウンコをしてはいけない」

「アドルフ。ボールと取ってこい。遅いぞアドルフ。もっと機敏にうごけ。何度言ったらわかるんだアドルフ。ボールを取ってくるんだ。しっぽを振ってジャンプをするんじゃない。なんて役立たずなんだ」

「こら、アドルフ、間抜けな顔でよだれを垂らすんじゃない。アドルフ、しゃんとしないかアドルフ。お前を見てるとイライラする」

「アドルフ、何度言ってもわからないやつだ。伏せといったら伏せるんだ。遊んでいいという意味ではない。しっぽを馬鹿みたいに振るんじゃない。お前みたいな間抜けは見たことがない」

「アドルフ、今日は飯は抜きだ。反省しろ。お前に食べさせる飯はない。この無能なやつめ」

「アドルフ、何度言ってもわからないんだな。頭の悪い奴だ。お前は失敗作だ」

「アドルフ、犬のくせに、なんだ高慢ちきな顔つきは。人間様より偉いと持ってるのか」

「アドルフ!」

 こういう場合って、犬もつらいと思うわ

以上

 

関連記事と広告