日記|サタニストさん@狂牛病

Sponsored Link

かねがね、疑問に思うんですが、、、。

サタニストさんっていらっしゃるじゃないですか。

イルミナティさんとか、フリーメイソンさんとか、、ま、起源は、ものすごく古いらしいし、組織のなかでも派閥とかあるのでひとくくりにはできないのですが。

シスコ・ウイーラーさんたちなど、脱会したイルミナティ関係の証言によると、サタニストさん、悪魔主義さん、イルミナティさん、あの方たちの信仰の儀式には、儀式殺人とかあって、生血を飲んだり、人食い=カニバリズムをされているらしいですね。

 

お美しいデンマーク女王の、古い家柄のフランス貴族の王配も、儀式殺人には参加されているみたいで、欧州の支配階級では古くから伝わる宗教なのかもしれません。メディチ家もそうでしたしね。

 

 

共食いと狂牛病との関係

 

で、ね。

狂牛病っていう、ご病気ありましたよね。

あれ、自分と同じ種族を共食いすることからおこる病気です。

脳がスポンジ状になってしまう奇病です。

この、原因不明の病気になる牛さんが多くて、調べてみた結果、どっかの離島だか密林だかに、人肉を食べる部族さんがいて、その部族さん特有の疾患ににている、ということで要因が特定されたわけです。

牛さんの狂牛病の要因は、飼財に牛肉がまじってたからおこったことでした。

共食いすると、この病になるってことです。

 

で、話に入りますが、

真面目に儀式とかいているサタニストさんたちって、当然、発症しますよね。

狂牛病。

影響って、どのくらいの頻度で、でてきているんでしょうか。

それを、伺いたいのよ。

たぶん、むかーしの超古代のころ、なにか地球以外のとこからやってきた何かと交流があった時期があって、そのひとらの必死の物まねではないのかなと思うんですね。

UFOが牛をさらっていったり、牛の臓器が一部なくなっていたりとか、どうもUFOに乗ってる人たちは牛に執着してますね。

牛がUFOにさらわれてしまう! – The Alien Abduction Lamp – | STYLE4 Design

 

あと、カルマのこともありますね。

南米に極道なことをしたスペイン王家が、発狂と劣化の果てに滅亡したのは、やはり、南米を滅ぼしたための祟り、呪いだったと思われますね。

インカは宗教的な帝国でしたから、そのへんは、真面目に末代まで祟られました。

 

外道ぶりがすごかった大英帝国は、ヴィクトリア女王のもってた白血病の遺伝によって、英国王室はもとより、婚姻関係を持った欧州の王家の男系が絶滅しかかりました。

まさに、因果応報。神の怒り、積み重なったカルマだとおもいます。

そんな感じで、人類の危機に面すると、一気に「ある方たち」の間で、遺伝病とか、狂牛病とかの発病がくるのかなあ、とか考えたりします。

 

人類双六のあがりの前に

 

人類の道は、世界の恒久的な平和、理想社会、に至る道だといわれてます。

双六のゴールは、弥勒の世、あるいは、黄金時代、にあると。

そこに、いたるための道のりも、いくつかあると思います。

その一つが、「ある方たち」が「ご病気」によって、死に絶えてしまう。

もしくは、社会生活が不可能になる、というパターンも用意されているのかなと、思ったりします。

 

「ある方たち」が、遺伝的につながっているなら遺伝病が立ち上がり、カニバリズムをされている宗派の方たちなら、狂牛病などのご病気が立ち上がり発病されることも、このままいくと、大いに、あるのではないかと、、、。

ビクトリア女王の男系を絶やそうとしたように、相続人が絶えたら、、、

牛さんたちが発病したように、相続運営能力がなくなったら、、、、

「ある方たち」ロスチャイルドさんや、ロックフェラーさんたちの財産は、国に接収されますね。

そうなると、各国の借金も経済危機も吹き飛ぶし、恒久平和も達成されることになります。

 

 

他人さまの不幸を望むのは、よろしからずなのですが、たまにレポートとか読んだりすると、正直「この人ら、いらんのと違うか」と思ってしまったりする反面、「待つ」ということも大切なのかなあと思ったりします。

もちろん、「ある方たち」には、世界秩序を保っている、という徳もあるとはおもいますが、、、ねえ。

もう、「ある方たち」は、地球にとっても人類にとっても、いらない存在なんじゃないかな、、。

寡占勢力さんたちの外道ぶりが、人類や地球を滅亡させるほど、どうしようもない状態になりそうな場合がきたら、元気よく、力強く、ご病気が立ち上がっていただくことを、願っております。

動乱をおこすことなく、犠牲を出すことなく、平和的に無血で階級革命・社会革命がかなうわけです。もちろん、だれもかれも一緒に、最良の形で、人類の夜明けを迎えればそれでいいのですが、なかなか難儀な場合もあるので。

ワタシ的には、人類の未来については、楽観視してるんですけど、いろいろと、腹がたったので、つれづれ書いてみました。

 

item.rakuten.co.jp

 

Sponsored Link

※人気ブログランキングに参加しています

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

4 件のコメント

  • 学生の頃に、中田 耕治著『メディチ家の人びと―ルネサンスの栄光と頽廃』『メディチ家の滅亡』を読んで、緻密な事業家や大胆な為政者、領主・貴族を輩出した家系が、そうした力や徳を使い果たすかのように枯れていき、絶える様の描写を見ながら、「永遠に続くものはないのだろうな」と思ったことが思い出されます。

    当時は「マグナ・カルタ」の成立の原因となった悪名高いジョン英王の子孫が現在に至るまで暗躍しているらしいことや、フランス革命で途絶えたはずの仏カペー王室の王弟達が「新大陸」に拠点を移して合法的に勢力と財産を維持したこと、本の主題のメディチ家もどうやら傍系に移り変わって名を変えてでも隠然たる影響力を残している可能性…といったことは知りませんでした。

    「徳を積む」といってもいろいろな側面があるわけで、例えば第二次大戦後の欧米先進諸国による「第三世界諸国開発援助」は、結局それまでの植民地主義・帝国主義が立ち行かなくなった後でも、新たな資本や施設設備、技術を投入して、自分たちに有利になるよう資源や労働力、市場を再形成していった過程、という批判もあります。

    環境や資源に本来権利がある現地の人達は、高度な教育を受けられなかったり、政情不安で圧政や紛争、テロなどに生命や生活を脅かされていたり、心身をむしばむ長時間労働や環境汚染で倒れていったり…ということも珍しくないわけで。赤十字や国連ほか、「マッチポンプ」な働きをしているのではないかとの疑念、管理人様の別ブログ記事でよくまとめられていましたね。

    「その徳、誰得?」とでもいうのか…。

    紛争地域や国への武器輸出で設けてきたヨーロッパの国々に「難民、移民」が大挙して押し寄せ、元の住民たちの脅威になる状況がここ数年ニュースなどで取り上げられていますが、これはカルマの帰結なのかもしれません。

    また比較的早めに手を引いたと主張しているものの、大英帝国が財を築いた重要な要素である奴隷貿易の結果が、現在英国で発覚し現地社会を震撼させた、移民組織による推定4000人を超える地元白人少女たちの性奴隷化だったりするのかも知れません。

    カルマ・因果応報は、意志ではなくて法則という事なので…。
    そして魔女狩りにせよ植民地支配にせよ、奴隷貿易や強制労働・虐待にせよ、自国の貧困層や地方の破壊的な搾取や圧政であっても、偉いさんが「遺憾の意」を表明することはあっても、公式謝罪やそれに伴う賠償といった行動には至っていないのです。

    そうした流れを背後で操作してきた悪魔崇拝主義者達が、言葉遊びのような「謝罪」(しないよりは遥かにマシでしょうが)だけで、何世紀も積み重ねられてきたカルマの数々から逃れられるとは思えないんですよね。

    いくら生命力のようなものを、無垢な乳幼児の人身御供や一般人の食料化、特殊な魔術で「注入」して誤魔化しながえているとしても、やはり遺伝子レベルに刻まれた所業が消えるわけではないでしょうし。

    イル美ちゃんが21世紀に王室を廃止し伝統社会を解体して、人間牧場を作るという話もあるようですが…。別の見方をすれば、魔術や輸血でなんとか保たせてきた多くの王室とその支配下の組織(背乗りによる乗っ取り含む)が、もうこれ以上維持できないから次の手を打とうとしている、という事なのかも知れませんね。

    マインドコントロールをかけられでもしたような王子に一族まとめて機関銃で虐殺されたネパール王室、大英帝国の強制でインドの下層民に嫁がされ事実上終わったビルマ王室、「新大陸」で首長の親族ごと絶滅目的の居留地に強制収容されたネイティブ・アメリカンや、王族・貴族といった支配階級ごと奴隷として拉致されたアフリカ・ラテンアメリカの人口の事を考えると、長年の表に出なかったり忘れ去られたりした「対抗者になる可能性のある存在の殲滅」というカルマも相当ありそうです。(怖)

    日本は、ごく一部だけ挿げ替えられたものの、結構広く祭祀王の系統が残っていそうですが、アトランティスとかムーとかいう超古代文明とのかかわり、それを受け継いだ古代史・中世史に謎の部分もあるそうで。多分、ルドルフ・シュタイナーが日本を「世界の頂点(鍼灸のツボ的な意味で?)」としたのには、いろいろな理由があるのでしょう。

    悪魔崇拝者たちは、富(金、ゴールド)ごとUFOか何かで「ご主人様」的存在に回収されるというシナリオもあったらしいですが…。魂が存在する次元レベルでの理由で、なぜか上手く行かなくなったという説もありました。

    長くなってしまって申し訳ありませんが、手段を選ばずやたらめったら富を蓄積してきた欧米中心の「支配層」の、決算と支払いを見届けるのは、この時代なのではないかと思われます。日本語の「年貢の納め時」かもしれませんね。

    こういうウェブサイトを立ち上げて下さった管理人様に、感謝です(こういう話ができる場所はそうそうないので)

    • 日本は文明のマスターセルみたいな役でもあると同時に、文明文化を取り入れて錬成して保管する保管庫みたいな位置にありますね。
      サタニスト系と宇宙人のかかわりは結構ほんと臭いですね。
      儀式殺人も、高い文明と技術を持つ存在の必死のものマネなのかもしれません。

  • ついでに、イル美ちゃん達が拝んで服従している「4次元の存在」についての、インターネットでの通説のまとめ話も投下しますね(鵜呑みにはできないでしょうが、参考として)。

    刑務所星「ニビル」の過酷な条件緩和に、元素「金」が役立つことが分かった。流刑者の中でも下層の地位にある、爬虫類型生命体「レプティリアン」がこっそり脱獄、太陽系の生命の苗床として存在している地球に密入国して、勝手に金を掘り出し密輸開始(犯罪)。

    レプティリアン、自分達が働くより、地球上の生命体を改造して奴隷として働かせた方がいいと、遺伝子改変して「霊的能力を発動しにくくさせた」生命体を作り出す(これも犯罪)。ついでに地球上の生命体を、霊肉とも餌としてむさぼり、(゚д゚)ウマー(犯罪)。

    レプティリアン、自分達を流刑星へ送った上位種族のドラコニアン(竜型生命体)社会や他の宇宙種族集団にバレると更に立場が悪くなるので、何事も秘密裏に行わなくてはいけない。でも、霊的能力の低い生命体を「下に」して支配できて快感。踏み付けにして恐怖や苦痛を味わうの(゚д゚)ウマー(犯罪)。

    バレた。地球を苗床として宇宙生命の進化プログラムのため働いている種族は、戦争も辞さない怒り様。主筋のドラコニアンの、流刑されていない本家筋からも圧力がかかる。ピーンチ!作った生命体の超古代文明、調子に乗り過ぎていじくり回した結果、暴走・崩壊。他種族の介入もあり、これが新たなカルマを作り出したようだ。

    レプティリアン達は4次元に退避したが、惑星レベルの天変地異が起きたため、改造生命体の集団は大打撃をこうむったようだ(レプティリアン、無責任に知らんふり)。

    苗床プロジェクト種族の監視の目が厳しくなったので、密航・密輸・改造生命体のつまみぐい(全部犯罪)は秘密裏にやらなくてはいけなくなった。主筋の本星も怖い。
    生命体を自力進化させなくてはいけないので、苗床プロジェクト種族は人類への干渉を極力抑えるつもりらしい。

    懲りずに「バレなきゃラッキー」で長年やってきたものの、やっぱりまたバレた。しかも、苗床プロジェクトは次段階に入るそうで、改造生命体が霊的覚醒してしまうそうだ。人類が、レプティリアン達より上の存在になってしまう。

    レプティリアン、既得権益を手放してなるものかと、ありとあらゆる手を使って人類の汚染・堕落・退行を意図した妨害キャンペーンを張る。超古代の歴史や遺産も歪曲して、ご都合主義で支配の道具にする。裏からの恐怖支配も強化する。

    キャンペーンにもかかわらず、霊的覚醒が止まらない。これでは居場所も利権もなくなってしまう。進化を放棄し4次元から先に行けないレプティリアンは、自分達が滅亡してしまうのではないかと恐れを抱く。

    キャンペーン、テロ強化モードに移行。人類社会、阿鼻叫喚の度合いが増える。度重なる世界大戦や環境汚染は、その結果。

    またまたバレる。しかも、改造生命体(人間)達までこのことを知り始め、広がっている。転生の記憶や超自然現象が、人間社会で広く語られ始めた。

    「影の支配者」(流刑星の下っ端チンピラ)、発狂モード。一方、苗床プロジェクト種族と主筋の本星からの派遣、太陽系内外に大艦隊を待機させて、現地生命体虐待・密輸犯罪者の大掃除作戦を準備中。

    …というものなんですが、どこまで当たっているんでしょうね?SF話としては、面白いんですけど。

    また、検証はできませんが、ドラコニアンなどの上位種族は、自分の魂エネルギーの一部を人間界に「転生」させられるとかで、苗床プロジェクトを穏便に内側から修理・補正しているという説もありました。そういう「神のついている」転生体は、レプティリアンの自由にもできないそうで。

    様々な風説の大意として、レプティリアンは基本的にオワコンなので、未来がないようです。他種族から「鉱物からやり直せ」と言われているのかも。

    • レプティリアン、、、陰謀論もオカルトのベクトルに進むと、これがでてきますね。
      うちゅう人でも豆電球みたいなのはいい人だけど、爬虫類型は関わらないほうがいいとはよくききますね。
      人類創生や民族の創生神話に、しつこくあるのが爬虫類的な、なにか、との接触、やはりなにかいたんでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。