ホロスコープ|2020年の皇族③

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




画像を分析すると、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。 ①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


→「ブログ・でれでれ草」影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら


2021年09月も結構強烈な相を作る年

➁からの続きです

ナルちゃんに何かがあり、秋篠宮さまが、摂政になられる可能性もあると思ってるのね。2024年より、前に改元するとしたら、この時期かな。

2021/09/01 秋篠宮様

 

外円:進行のチャート、内円:秋篠宮様のチャート

先天のドラゴンヘッドと、進行のドラゴンヘッドが合になっています。

 

2021/09/01 紀子様も

 

外円:進行のチャート、内円:紀子様のチャート

先天のドラゴンヘッド(人生のテーマ、方向性)と、進行の天王星(変化、革命、科学ほか)が0度で合。

 

この場合は、御身のお立場に変化が起こると思われます。

皇嗣妃殿下から、摂政宮妃殿下へ、一歩アセンション、かな。

悠仁さまのチャートは掲載しませんでしたが、2024年ほど強烈な相は作ってないんですね。ご両親次第なのだと思います。

秋篠宮ご夫妻の場合、何か大きな相を作るときにはたいてい、海王星(マスコミ、ゴシップ)に、イジメられている傾向があるのが気になりました。美智子は逆でしたけどね。どんなピンチの相があっても、海王星の応援がある、そういうチャートだったと記憶しています。

秋篠宮家に対する、マスコミの捏造ゴシップや攻撃はまだまだ続くかも。

 

2020/07/01 ユリコちゃん

今年、2020年の惑星直列のあった7月に話を戻しますが、ユリコちゃんが再選した時期でもあります。

ネットでは、小池当選で落ちこんでいる人が多いのですが、そのかわり、マスコミも冷ややかです。

これが、先の都知事選で圧勝した後との違いです。

今年2020年7月のユリコちゃんを見てみましょ。

 

外円:進行のチャート、内円:ユリコちゃんのチャート

 

「先天の太陽、金星、天王星」の塊と、進行の「木星、冥王星、土星」が180度の衛(緊張、破壊)にあること、。

さらに、この層に対して、三角で囲っている「海王星(芸能、ゴシップ、芸術、宗教)と土星(困難、責任、束縛)」が、T字スクエアを作っていること。これ、結構きついです。

しかし、先天の木星(幸運)と進行の天王星(変化)が0度合を作っています。

冥王星、天王星、土星、木星などの巨大な星が絡んでいるので、半端ないです。

基本的に、波乱万丈ですが、運がいい人なんですよね。長くなるので省きますが、向こう数年、疑獄になりそうな相がでていますが、その一方で吉相もあり、逃げ切れるかな、、という感じ。

まだまだ、他人の運を食いながら生きていくのかもしれません。

関連記事と広告