ホロスコープ|第三次安倍政権は?

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




画像を分析すると、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。 ①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


→「ブログ・でれでれ草」影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら


仮に、第三次安倍政権があるとしたら、いつ頃だろうか?

本日もお越しいただきありがとうございます。

ガースーのホロスコープの続きですが、、、

2022年のガースーと安倍ちゃん

ガースー

ガースーの2022年のチャートがこれ。2月ですね。ひと揉めあるかもしれない感じ。

仮に、ガースー退陣、そして、第三次安倍政権発足があるとしたら、このタイミングかな。

 

安倍ちゃん

そして、2022年9月の安倍ちゃんのチャートがこれ。MCに、進行のドラゴンヘッドがきています。

仮に、安倍ちゃんの体調が整ったとして存命なら、ここで第三次安倍政権があるかな、、、。

あくまで予想。

 

ガースー政権

内政一本で来たガースー。

はたして首相になったとして、ガースー政権の外交は大丈夫なんかな。という声が高いですが、今の世界状況から見て、ソーシャルディスタンス教が世界を支配しているので、外交も世界各国が、どこの国も停止状態です。

2国間協議も、ずっとテレビ会議が続いています。今年のG7はアメリカ担当ですが、テレビ会談になるでしょう。

五輪も中止になるでしょうし、各国首脳どうしの、一対一の「お付き合い」も、コロナのせいで、ストップしている状態ですからね。

レバノンが、デフォルトしましたが、通貨や経済の弱い国々は、日米欧からの援助が頼り。援助する側の先進国も、コロナのイカサマ恐慌で、倒産が続き、失業者の増加は止まらず、デモ暴徒化している国もあり、社会や財政の立て直しに時間がかかります。

ゴルフしたり、食事したりといった、お友達外交やってる暇ないんじゃないかな。

日本もどこの国も、コロナ恐慌で倒れていく企業や失業者のフォローや給付、福祉や、保健医療を柔軟な対応で運営していかなくてはならないし、そのためには、各官庁や、地方行政を熟知している人のほうが、いいかも。

なので、官房長官の就任期間の史上最長の記録を作った、ガースーが、ベストなのかな。

以上

関連記事と広告