世紀末の世界「オランダ」

Sponsored Link

「世紀末救世主伝説の世界」化が進むオランダ

・気候変動により、水没が決定しているオランダ

・王家と支配層は、逃げ出す前に金を集めるべく、売春、麻薬、安楽死を自由化した、それがオランダ。

・ちなみに、オランダは、マネロンでも頑張ってる国。規模を考えると、ケイマン諸島なんて、三流どころの小さな装置。

・人権蹂躙を極めているのが北朝鮮。北朝鮮が運営する朝鮮料理のお店が、普通にオープンできる国、それがオランダ。

・徳仁さんが、皇太子時代だったころの、ヤフオク事件や、行方が分からなかったティアラ(令和即位の日につけてたやつは、石があたらしすぎるところをみると、新調したみたいですけどね)などの宝飾品の数々。

その、徳仁たちが横領した国家財産の持ち出しに、荷物はノーチェックで持ち出せるという、王族や外交官、五輪委員の特権を利用して、協力したんではないかと疑われるほど、徳仁一家とは「親しい」王家、それがオランダ。

・邪魔になる中産階級や知識人を相殺するためか、王家や支配層は、移民の受け入れを支持し国境の枠を外す勢いで受け入れた。

・旧植民地を中心に、移民さんが、どかどか押し寄せ、福祉も財政もパンク状態。

・でも王家も支配層も平気。だって、いざとなったら、旧植民地に、にげればいいんだもん。

・それまでに、どれだけ金をかき集められるかが勝負。頑張るよ!!

・自分たちに、非難があつまりそうになったら、ぜーーんぶ、日本のせいにするから大丈夫!

・第二次世界大戦ガー、クジラガー、あいつらサルだしー、ヒャッハッハー。

・そうやって乗り切ってきたんだ♡

ってなわけで、オランダをはじめ、北欧州ははリアル世紀末救世主伝説の世界化が進む。

 

Sponsored Link


オランダで弁護士射殺、白昼の凶行に「麻薬国家」化の懸念

2019年9月19日 20:30 発信地:ハーグ/オランダ 

【9月19日 AFP】オランダの首都アムステルダムで18日、大規模な犯罪組織の麻薬事件に関わっていた弁護士が自宅前で射殺された。オランダが「麻薬国家」になりつつあるとの懸念が、改めて広がっている。

・2児の父親のデルク・ウィアスム(Derk Wiersum)氏(44)は、自宅を出た直後に路上で射殺された。

・フード付きの上着姿の容疑者は徒歩で逃走。警察が行方を追っている。

・ウィアスム氏は、オランダの最重要指名手配犯と目され、殺人と麻薬取引容疑で国際逮捕状も出ているモロッコ生まれの男2人に対する事件の裁判で、証人の弁護人を務めていた。

・1年前には、この証人の兄弟も射殺されており、なぜウィアスム氏の警備が強化されていなかったのか、疑問視する声が出ている。

・警察の主要労働組合NPBは、今回の銃撃はオランダの治安が制御不能に陥りつつあることを示していると指摘。

・関係者は「われわれが麻薬国家で暮らしていることが確認された。法の支配に対する攻撃だ」

(c)AFP

 

「終末」待ち9年地下生活か オランダで親子7人発見

AFPBB News

【AFP=時事】オランダ北部で、人里離れた農家の地下室に隠れて暮らしていた男性とその成人の子ども6人が、警察により発見された。当局が15日、明らかにした。メディア報道によると、親子は9年間にわたって地下で「終末」を待ち続けていたという。

警察は北部ドレンテ(Drenthe)州の村ライナーボルト(Ruinerwold)近郊で、父親とみられる男性とその18~25歳の子ども6人を発見した。

地元メディアの報道によると、一家発見のきっかけは、息子のうちの1人が混乱した状態で近所のパブを訪れ、ビールを5杯飲んだ後、過去9年間にわたり家の外に出たことがなかったと告白して助けを求めたことだった。警察は現場で、捜査への協力を拒否したとして58歳の男を拘束したが、この男は父親ではなかった。

オランダ北部ドレンテ州ライナーボルトで、親子7人が何年にもわたり地下生活を送っていた農家を捉えた空撮写真(2019年10月15日撮影)。

まとめると

・親子は「『終末』を待ちながら数年間にわたって地下で暮らしていた」。

・一家の中には「ほかに人々が存在することをまったく知らなかった」

・一家は外界とまったく接触せず、菜園とヤギ1匹を持ち完全に自給自足の生活を送っていた。

・父親は数年前に脳卒中を起こし、ベッドに横たわっていた。妻がいる様子はなかった」

・近所の人々「家族の存在は把握しておらず、農家に住んでいたのは男性1人のみだと思っていた」

以上

 

欧州の次の世界

国が水没したら、王家や支配層は逃げるつもりだろうけど、無駄ですよ。

あんたら、みんな、血縁でつながってるでしょ。

イルミ臭い、カルト臭い王家でも、いちおうは、国体同然で、存在と日々の公務が、国をまとめているという存在意義があるから、悪業がどれだけ積みあがっていても、なんとか相殺できるけど、それを放棄したら、いっきに過去に積んできた悪業が家系に出てくると思うのね。

前世紀には、ヴィクトリア女王の子孫に、やっかいな遺伝病が立ち上がりましたが、今回は、オランダ王家発の遺伝病発生カナ。

ご親戚の王家も、巻き沿いを食うことになると思う。

♪想像してごらん♪

♪王家のないヨーロッパを♪

♪想像してごらん♪

♪ヨーロッパの王家がいなくなった世界を♪

歴史と宮殿だけがのこるのかな。

でも、まあ、他人事だから、どうでもいいわ。

どうでもいいけど、うちらの国に、介入するのは、いっさいやめてね。

迷惑だから。

ついでにいうと、めっちゃ怒ってるから。

以上

 

Sponsored Link
Sponsored Link