レメディー|Titanチタニウム

Sponsored Link

レメディー|Titanチタニウム|「東大落ち武者大学」

Titanチタニウム

よく使用される元素のレメディーの一つに、titanチタニウムがあります。

「失敗した人のレメディー」の一つです。

周期表だと第四段階にありますね。

「失敗した人、達成できなかった人のレメディー」であり、バリバリ活動する前に、処女航海で沈没した「タイタニック号のレメディー」と教わりました。

トーナメントに参加する前に怪我のため棄権した人、株式を公開するまえに倒産した会社、新築マンションを購入したが入居する前に建物が崩壊した場合、、、

こちらは、入居する前に、完成したとた倒壊した中国のマンション。

カラパイア|中国で13階建てのマンションが建物の原型をとどめたまま横倒しに。その原因が明らかに

http://karapaia.com/archives/52023760.html

この事故はさかのぼること2009年の6月、上海市閔行区でほぼ建設が終わったばかりの13階建てマンションが、パタっとまるでドミノが1個倒れたかのように原型をとどめたまま横倒しになったというもの。

はじまる前に終わってた、たとえるとそんな感じですね。

 

Sponsored Link


段階別テーマ

周期表は一種のすごろくのようになっているそうです。

チタニウムは砒素のシリーズにありますね。テーマは、広い意味で、学習、学生、などに符合するそうです。

1段目 水素(胎児)

2段目 炭素のシリーズ(子供時代0歳から12歳)

3段目 砒素のシリーズ(学習) ←Titanはここになります。

4段目 鉄のシリーズ(労働、スポーツ)

5段目 銀のシリーズ(芸術、学問)

6段目 金のシリーズ(管理職・権力者・支配者)

7段目 ウランのシリーズ(魔術師・グローバル・秘密結社・諜報組織)

族別テーマ

族性では、だい4族にあります。第三族は試している段階ですが、ついに、事業や人生をスタートさせる段階に来ます。

しかし、スタートする段階で、問題が起こった場合、ここのレメディーが適応するといわれています。

第1族 スタート

第2族 スタートしたけど迷っている

第3族 試す

第4族 公に始める←Titanはここになります。

第5族 準備をする

第6族 証明する

第7族・第8族 戦い

第9族・第10族 ピーク

第11族 保存、保つ、維持

第12族 リピート

第13族、14族、でとんで、

第15族でギブアップ

第16族 思い出に浸る、ノスタルジー、空想、愛

第17族 子供ならつかむ、大人なら手放す

第18族 ゼロ、なにもない、

大学進学をテーマにすると

第一族で大学進学を決める

第二族で受験する学校を迷う

第三族で受験する学校を調べて絞っていく

第四族で公に始める、志望校を決める、

第五族で準備をする、

第六族で証明する、受験に受かる

第七族、八族で、競争が生じる、

 

第4族、5族の段階でこけた人のレメディーです。

東大落ち武者大学

東京外語大学という大学があります。

人づてに聞いたのですが、東京外語大学に入りたくて入学した方も多いのですが、中には、東大を落ちた方が滑り止めに受けて、入ってくるかたが多かったそうですね。

で、学生さんのなかには、東大に入りたかった、東大に落ちたことで人生が終わったという悲嘆と、東大に落ちたという恨みが、性格と人生に一部になる人がいるそうです。

そういう方は、卒業式には「東大に入りたかった」と号泣し、教授に殴られる学生さんもいたとか。

なので、他校生から「東大落ち武者大学」と言われてたそうです。

もうひとつ、「東大落ち武者大学」といわれているのが、「横浜国立大学」だそうです。

 

朝日落ち武者新聞社

東京新聞という新聞社があります。

この新聞社にはいりたくて入社した方もおられると思うのですが、朝日新聞に入りたかったけど落ちた、というかたも多いとか。

忘年会や飲み会では、入社して何年も、何十年にもなるというのに、「どうしても朝日に入りたかった」といって、泣く人もいるとか。

そのせいでしょうか、東京新聞は、朝日を過激にした社是で「朝日より赤い新聞」と言われています。

ぜひ、チタニウム、飲んでほしいですね。

「東大に落ちた、東京外語大学にしか入れなかった」が「東大に落ちたけど、東京外語大学に入れた」

「朝日新聞に入れなかった、東京新聞にしか入れなかった」が「朝新聞を落ちたが、東京新聞に受かった」

にかわるかもしれません。

島村藤村「破壊」

「出発する前から、終わっている」

「始まる前から、失敗している」

「人生にトライする前に、限界がわかっている」

という場合に適応しますが、一昔前の、結婚差別や、就職差別が激しかったころの、同和系の方にもいいかな、と思いました。

『破戒』(はかい)は、島崎藤村の長編小説。1905(明治38)年、小諸時代の最後に本作を起稿。翌年の1906年3月、緑陰叢書の第1編として自費出版。

被差別部落出身の小学校教師がその出生に苦しみ、ついに告白するまでを描く。藤村が小説に転向した最初の作品で、日本自然主義文学の先陣を切った。夏目漱石は、『破戒』を「明治の小説としては後世に伝ふべき名篇也」(森田草平宛て書簡)と評価した。

類似するレメディー

似たようなテーマのレメディーに、「私はダイアモンドになれたのに」というレメディーもあります。

graphグラファイツです。

鉛筆の芯の原材料になる黒鉛でつくったレメディーですが、ダイアモンドと同じ成分なんですね。

「何かがたりなくて、ダイアモンドになれなかった、黒鉛」そんな人のレメディーです。

後日紹介します。

 

私ならこう飲む

朝:rose-qローズクオーツ 6c(1か月)

ハートチャクラと胸腺

夜:Titanチタニウム 1M(1か月)

1週間開けて

朝:rose-qローズクオーツ 30c(1か月)

夜:Ignイグネシア 1M(1か月)

 

Sponsored Link
Sponsored Link