日記|欠陥住宅

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




画像を分析すると、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。 ①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


→「ブログ・でれでれ草」影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら


スペイン|完成しない建築物

1883年に着工しましたが、まだ完成をみないサグラダファミリア。2026年に完成予定だそうな。

建築方法に関して非難するプロの建築家が多く、無事に着工できるかは、怪しいらしい。

洋の東西を問わず、時々、我々日本人の常識を超えた商品が出没しますね。

スペイン|欠陥住宅

47階高層住宅でエレベーター忘れる 誰も欠陥気付かず

http://www.sankeibiz.jp/express/news/130813/exg1308131111000-n1.htm

スペイン南東部アリカンテで、高さ約200メートル、47階建ての高層住宅InTempoの建設が進められているが、完成間近になって21階より上にエレベーターが設置されていないことが分かり、問題となっている。8月12日までに、英メディアが伝えた。

(SANKEI EXPRESS)

・この高層住宅は当初、20階建てで計画され、後に47階建てへと変更。

・この際、設計者が増築分のエレベーターの設置を忘れ、誰もこの欠陥に気がつかないまま工事が進められた。

内部にエレベーターを設けるのは不可能という。

欠陥建築のレベルが違う。

機能性とか常識とかいう現代社会の煩悩を滅却して、すがすがしく昇華させて解脱したレベル。

誰も気がかないというのは、機能的だけど退屈な現代を無視しつづけて浪漫にいきるという、ラテンの気合いをかんじるね。

何百年たったら、サグラダファミリアやピザの斜塔のように、歴史的建築物に指定されるよ。大丈夫だよ。

 

北朝鮮|高層ビルだと思ったら屏風だった、屏風だと思ったら団地だった

コラかと思ったら本当にペラペラだった

— 北濱幹也 (@kitahamamikiya) 2017年4月15日

 

張りぼてではないが、謎の建築様式

しかし、張りぼての屏風ではなく、いちおうは、幅が10メートルくらいある建物で、人が住んでいる建物だったらしい。

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1947828.html

https://www.google.com/maps/@38.9792578,125.7334151,204m

首都がそれなりに栄えていると見せかけるために、こういう建築になってるらしい。

でも、耐久度が低そう。

何をやっても、貧乏とギャグに帰一するのが北朝鮮。

サグラダファミリアと違い、100年たったら、芸術的な歴史的建築物どころか、魔窟にすらなれない燃えないゴミになりそう。

以上

 

関連記事と広告