日記|ホメオパシー・この世の天国@この世の地獄

Sponsored Link

有名なエスニックジョークで、

この世の天国とは、

恋人はイタリア人、

技師はドイツ人、

調理師はフランス人、

警官はイギリス人、

銀行家はスイス人、

 

この世の地獄とは

恋人はスイス人(しまり屋さんだそうな)

技師はフランス人(ストライキしまくる)

調理師はイギリス人(アングロサクソンは味覚音痴)

警官はドイツ人(規則に厳しすぎ)

銀行家はイタリア人(能天気すぎ、放漫経営)

 

ホメオパシー版この世の天国とは

Aurオーラムの社長(責任感、リーダーシップ)

Pulsポステーラの秘書(こまやかな気配り、愛想のよい態度)

Sulphソーファーの研究員(常識外のアイデア、研究心)

Mercマーキュリーのプログラマー(左脳優位の頭脳)

Rhus‐toxラストックスの営業(動く、とにかく動く)

Phosフォスの企画(センスのよさ)

Calc−cカルカーブの経理(確実、堅実)

 

ホメオパシー版この世の地獄とは

Puslポステーラの社長(人がよくてだまされる、依存的)

Aurオーラムの研究員(完ぺき主義、こりすぎて欝になりやすい)

Sulphソーファーの秘書(基本的に大雑把なので絶対むいてない)

Mercマーキュリーの経理(嘘をつく、ごまかすのが得意)

Rhus−Toxの企画(融通がきかない)

Calc-cカルカーブの営業(体力なし、人見知り)

Phosフォスのプログラマー(神経をつかう単調作業で心身を消耗、たちまちPhos−ac になる)

 

ま@こんなかんじ

Sponsored Link

※人気ブログランキングに参加しています

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。